図解で分かる!IMAPメール設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMAPメールの設定方法は大きく分けて2ステップです。

  1. メールアプリ(クライアントアプリ)を決め、インストール
  2. サーバー情報をメールアプリ(クライアントアプリ)に入力

意外と簡単ですね。

詳しく説明していきましょう。

メールアプリ(クライアントアプリ)を決め、インストール

まずはなんのメールアプリを使うかを決めます。

メールを送受信できるアプリのことを”クライアントアプリ”と呼んだりします。

ここでは”メールアプリ”で統一したいと思います。

IMAP対応メールアプリ(クライアントアプリ)と対応端末

メールアプリはたくさんあり、IMAP機能に対応しているものを選ぶ必要があります。

また、端末やOSによって対応しているものとしていないものがあります。

以下がメジャーなIMAP対応メールアプリです。

端末 PC 携帯
OS Windows Mac iPhone Android
Gmail 可(※) 可(※) 可(※) 可(※)
Newton 可(無料) 可(無料) 可(無料) 可(無料)
iPhone標準メールアプリ 不可 不可 可(無料) 不可
Thunderbird 可(無料) 可(無料) 不可 不可
Outlook 可(有料) 可(有料) 可(無料) 可(無料)

※「〜@gmail.com」の場合は無料。「〜@(企業ドメイン)」の場合は有料(G Suite(Googleが運営するクラウドビジネスツール)の導入が必要。月500円/ID)。

また、メールアプリにはインストールして使う”アプリ型”のものと、インストールせずブラウザでアクセスして使う”ブラウザ型”のものがあります。

上記に上げたアプリの中では、GmailのPCのみブラウザ型、それ以外は全てアプリ型です。

おすすめのメールアプリ(クライアントアプリ)

G Suiteを導入している人はGmailがおすすめです。

全ての端末を同じアプリで統一したいという人はNewtonがおすすめです。

Appleマニアの方はiPhone標準メールアプリ

Microsoftマニアの方はOutlookが良いでしょう。

メールアプリ(クライアントアプリ)インストールリンク集

PC(Windows)

PC(Mac)

携帯(iPhone)

携帯(Android)

サーバー情報をメールアプリ(クライアントアプリ)に入力

利用するメールアプリが決まったら、契約しているメールサーバーのサーバー情報をアプリに入力します。

メールサーバーのサーバー情報の確認方法はご契約中のサーバーにより異なります。

メールサーバーのサーバー情報の確認方法リンク集

メールアプリ(クライアントアプリ)の設定方法リンク集

GmailにはG Suiteの導入が必要なため、省いています。

PC(Windows)

PC(Mac)

携帯(iPhone)

携帯(Android)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務改善を外注してみませんか?

「働き方改革・業務改善・効率化・クラウド化 、、進めたいけどなかなか進まない、、」

 

理由は様々です。

・時間がない

・何を導入すれば良いか分からない

・ITに強い人が社内にいない

弊社ならそんな悩みを一挙に解決できます。

 

・システムの導入・初期設定

・使い方の教育

・経営者目線での業務コンサルティング

全てトータルでフォローします。

 

導入したら終わりではなく、継続的なサポートをご希望の方のみ承っております。

 

料金は月々5万円。
初回相談は無料です(近畿圏のみ)

 

お気軽にご相談ください。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*